分子ピーリングと発毛のメカニズム

分子ピーリングと発毛のメカニズム。分子ピーリングで頭皮を正しい28日間の周期(ターンオーバー)に安定させ発毛を促す。頭皮の角質を分子ピーリングで肥沃な頭皮に変え、毛髪を育ちやすくさせるM1育毛ミストの分子ピーリング効果を解説。

ターンオーバーとは?

「ピーリング」を正しく理解するために、まずは「ターンオーバー」から説明します。

もともとは、物事の入れ替わりやその速度・割合などを意味する言葉です。

生物の組織の元である細胞は、常に増殖→死滅→増殖を繰り返しており、生体分子の合成と分解による動的平衡を指すのが、この「ターンオーバー」ということです。合成化学の触媒反応においては、一分子の触媒がどれだけの反応生成物を作り出せるかを表す指標でもあります。

皮膚のターンオーバー

先ほどの説明を皮膚に置き換えると、「真皮層」の養分でで生成された「表皮細胞」が、基底層→有棘層(ゆうきょくそう)→顆粒層→角質層まで上がって行き「新しい角質」となり、「古い角質」と入れ替わって行くことになるわけです。この「角質層」の入れ替わりを「ターンオーバー」と呼ぶわけです。

 

 

ピーリングとは?

本来の「ピーリング」の意味と「一般的なピーリング」の違いについて解説します。

「ピーリング」とは、古くなった角質層を取り除く事です。

理想的な「ピーリング」は、この古い角質層をすべてきれいに落とし、「新しい角質層」を整え、皮膚本来の機能を取り戻す事ができ、正常な「ターンオーバー」周期を取り戻すことです。正常な肌であれば「基底層」で出来た「表皮細胞」が角質層までいき、新しい角質層となり、古い角質層が垢などになって剥れ落ちます。 その周期は28日間で、これを「ターンオーバー」と呼ぶわけですが、洗顔や入浴などで落としきれなかったり、ストレスなどで「ターンオーバー」の周期が乱れると、「古い角質」が表皮に少しずつ蓄積されてしまい、「ニキビや毛穴の黒ずみ」などさまざまなトラブルを引き起こす事になります。

一般的製品で使われる「ケミカルピーリング」。

一般的に言われる「ピーリング」効果とは、「ケミカルピーリング」を指すものがほとんどです。このケミカルピーリングは、AHA(アルファハイドロキシ酸)に属する酸の働きによって、古い角質を取り除き、新しい皮膚を整える方法です。しかし、肌に薬品を塗って角質層を剥がすことになるので、その際に健康な細胞も剥がしてしまい、結果的に肌を傷めてしまう危険性があります。また、肌の弱い方、敏感肌の方などは、肌への刺激が強すぎ、使用できないという方もいます。最も肌に悪い点は、一般的なケミカルピーリング効果のある製品を肌に塗布すると、化学薬品が肌に残留してしまう点です。これが赤みや色素定着、にきびなどの肌トラブルを引き起こす原因となってしまいます。

 

分子ピーリングとは?

いままでのケミカルピーリングとは全く違う、「分子ピーリング」は世界初の技術です。

「分子ピーリング」のどこがいいのか?

「分子ピーリング」とは、原材料からの有効成分の抽出において、一切の化学薬品を使わない完全無添加スキンケアメーカーが開発した世界初の技術です。肌に危険を伴う「ピーリング」とは異なり、低分子化技術を応用し、生体高分子の働きで、「健康な肌」は傷つけず、外側から皮膚に付着した汚れや「古い角質」を除去します。また同時に、皮膚内の「基底細胞」や「真皮層」まで、低分子分解物によって活性化させ、皮膚等を若返らせます。「分子ピーリング」によるスキンケアは、正常な皮膚の「ターンオーバー」を取り戻す技術として、とても注目されています。 ※低分子分解物=独自の製法により超低分子化された成分の事です。

saravio

分子ピーリングの「M-1」毛髪ミスト

「頭皮」は、スキンケアの対象として、今まで軽んじられていました。

「頭皮」も文字通り皮膚ですから、実はとてもデリケートです。

頭皮の痒みや、赤み、ひりひりなどを経験したことがある方もいらっしゃると思います。それほど、頭皮のスキンケアを怠って来ていたからです。では、「肌」ならどうしてるか? 女性なら顔のお手入れ、男性なら髭剃り後のアフターシェーブ、といった具合に、こと「顔」となれば男性女性問わず、ほとんどの方は気をつけているはずです。ピーリングとターンオーバーでお話ししたように肌の中で、最も薄い皮膚である「頭皮」はもっと気を使ったケアが必要です。頭皮ケアで一番怖いのは、化学物質を含むシャンプー、リンス、ローションなどの製品を使った後、残留した化学物質が「頭皮」に長期付着するコトです。そうなると角質除去のサイクルである頭皮の「ターンオーバー」も狂わせます。付着した化学物質の放置が毎日、何カ月、何年という長期間に渡って蓄積されてしまうのは大問題です。

 

発毛・育毛に関係する「ピーリングとターンオーバー」に、男女の違いはありません。

現在販売されている数多くのヘアケア製品の中で、唯一その分子ピーリング技術を活かした製品が発毛育毛ミスト[M-1]という製品。この製品の特徴は世界初「分子ピーリング」技術という点です。